研修プログラム– Training Program –

プリセプター&エルダー制度

プリセプター&エルダー制度

プリセプター制度は、一人の新人看護師(プリセプティ)に、一人の先輩看護師 (プリセプター)がついて指導し、業務を覚えていく教育システムである。

プリセプティの心構え

  1. プリセプターとともに到達可能な計画を立て、看護実践能力が身に着けられるように努力する。
  2. 自分にわかること、わからないことを認識し、他者に伝えられるように努める。
  3. 自分のストレス反応(身体面・精神面)を自覚したら、一人で抱え込まず相談する。

プリセプターの役割

  1. プリセプティが一人で一日の業務の流れを組み立て、担当する患者さんのアセスメントをし、日々の看護業務ができるように指導・支援することが役割である。
  2. 看護実践能力を獲得していけるよう、チームにも協力を求め。教育環境の調整を行う。
  3. プリセプターも関わることで以下の能力を養い、自己の成長に努める。
  • 新人看護職員に教育的に関わる能力
  • 新人看護職員と適切な関係性を築くコミュニケーション能力
  • 新人看護職員の置かれている状況を把握し、一緒に問題を解決する能力
  • 新人看護職員研修の個々のプログラムを立案できる能力
  • 新人看護職員の臨床実践能力を評価する能力

エルダーの役割

プリセプターの支援者である。
プリセプターの精神的フォローとプリセプティの成長を見守り、状況把握を常に行い必要な支援をする。

クリニカルラダー

看護の質の確保のため、2020年4月よりクリニカルラダーの導入に取り組んでいます。

クリニカルラダー

研修風景

2022年度 研修風景
2021年度 研修風景
2020年度 研修風景

教育プログラム

教育プログラムはクリニカルラダーに沿って実施しております。

新人教育研修プログラム
全体教育研修プログラム

教育制度と研修実績